第11章 continue文

第11章 continue文 処理を飛ばして次の処理に進む

繰り返し処理で利用するwhile文やfor文の処理中に、繰り返し処理を次に飛ばすことが出来るのがcontinue文です。処理が複雑なプログラムでは利用頻度が高まります。詳しく見て参りましょう。

繰り返し処理を次に飛ばす

continue文とは

実際にコードを見ながら説明します。繰り返し処理の中で、if文の条件式でその値を判定し、その結果がTRUEの場合は処理1を行い、continue文が実行されると処理②を飛ばして次のループ処理を繰り返し、if文にてFALSEの場合は、処理②と続いてループから抜け出ます。

//continue.php
<?php

$string = array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7);

foreach($string AS $value){

    if($value <= 5){

        $data[] = $value;
        continue;  //continue文を実行
    }
    $number[] = $value; //処理2
}

print_r($data);
print('<br>');
print_r($number);

?>

上記ソースを実行すると以下のとおり。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました