第12章 break文

第11章 break文 繰り返し処理を中断して次の処理に進む

繰り返し処理で利用するwhile文やfor文の処理中に、繰り返し処理を中断して次の処理に進むのがbreak文です。繰り返し処理を中断させることで不要な処理を最小限にとどめることが出来るのもbreak文の魅力ではないでしょうか。詳しく見て参りましょう。

繰り返し処理の中断

break文とは

break文は、for文やwhile文などループ処理を行う際、処理を中断をして次の処理に進むときに利用します。第11章のcontinue文のコードと比較すると理解しやすいかも知れません。

第11章のcontinue文では、配列にある1から7までの値を、「5になるまで次の処理を行い、その間は配列($data)に値を代入していく」というコードでしたが、以下のコードでは「5を超えたら処理を中断し、その間は配列($data)に値を代入していく」というになったら処理になってます。

<?php
//break.php
$string = array(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7);

foreach($string AS $value){

    $data[] = $value;
    if($value <= 5){

        break;  //break文を実行
    }
}

print_r($string);
print('<br>');
print_r($data);

?>

上記ソースを実行すると以下のとおり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました